定年退職 記念品

定年退職 記念品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
定年退職 記念品


このページの情報は
2009年2月4日8時40分
時点のものです。

<< 戻る

石油プラスチックから、バイオマスプラスチックへ。省資源国家から、バイオマス大国へ・・・。ECO箸【バイオマスプラスチック】

石油プラスチックから、バイオマスプラスチックへ。省資源国家から、バイオマス大国へ・・・。ECO箸【バイオマスプラスチック】
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: ギャルソンがお届けする福井名産
発売日:
価格 商品名
735円
石油プラスチックから、バイオマスプラスチックへ。省資源国家から、バイオマス大国へ・・・。ECO箸【バイオマスプラスチック】
※50膳以上のご注文をお考えでしたら、一度お問い合わせ下さい。別途お見積もりいたします。材質 グリーンプラスチック(ポリ乳酸樹脂)寸法 22.5cm重量 約30g ◆楽天国際配送対象商品(海外配送) 詳細はこちらです。 ◆Rakuten International Shipping Item Details click here 取扱注意事項 *本品は、箸以外の用途は避けて下さい。 *長時間の温水への漬け込み・金属たわしのご使用はできる限りお避け下さい。 *生分解(変色・ヒビ・折れ等)がはじまったら、ご使用を中止してください。●お箸に使用したポリ乳酸樹脂は、生分解性プラスチック研究会(BPS)の定める【グリーンプラ識別表示制度・認証基準】に適合しており、生分解可能で成分そのものは生分解後の環境になんら問題ありません。本品に使用したグレードは生分解を遅らせ、耐久性を保持することを目的に開発されたグレードですので、埋め立て処分はお勧めできません。 ●不要になった際は、焼却処分してください。 ●低燃焼熱:燃焼熱は、4500kcal/kg(紙と同等)と低く、石油系プラスチックの1/2?1/3で、焼却炉を傷めません。又焼却時に有毒ガス(ダイオキシン、塩化水素、Nas、SOx)を発生しません。 日本が一年間に使う割り箸は、約240億膳!1人あたりなんと約200膳!■割り箸について日本人が1年間に使う割り箸は約240億膳。1人当たり約200膳。この割り箸を作る為に、2階建て木造住宅に換算して、なんと!1万戸分の木材が毎年使われているのです。(99年のデータ)その割り箸の原材は安い輸入木材が95%との事で、その内の70%は中国からの輸入材、98年の長江大洪水は木を伐採しすぎたことが原因とも言われています。●割り箸供給国の中国政府は、『割り箸輸出を中止する』と発表(06年4月)中国政府の自然環境保全への取り組みから、日本の為に割り箸を作り、それによって起こる無計画な森林伐採、地球環境破壊、使い捨てられる割り箸によるゴミ問題等を、防止する意図を感じます。■マイ箸運動さまざまな環境問題にたいして、個人レベルで何ができるのか? そんな問いのひとつとして、マイ箸があるのだと思います。個人がお箸を持ち歩いたぐらいでどうなるの?そんなご意見もあるかもしれません。一人、一人の出来る事は確かに小さい。けれども日本全国で一人が一つのゴミを拾えば1億のゴミが無くなるように、多くの人が持ち歩けば・・・。お箸を持ち歩く事は、環境に対する問題意識を持ち続けることにつながります。環境を思いやる優しさを携帯しませんか。そしてお使いになられるなら、人と地球に優しいバイオマス素材でできたエコ箸をお選び下さい。  原料は植物、だから地球に優しい エコ箸の素材は、植物由来からなるバイオマス素材そのベースであるポリ乳酸は、毎年大量に収穫されるとうもろこしを原料として製造されています。 つまり原料は毎年大地から収穫され、供給され続けているのです。 これに対して、従来のプラスチック製品の原料は、有限で再生不可能な石油。使い続ければ、そう遠くない将来にはなくなります。 石油は人類にとって大切な資源です。私たちだけが石油の便利さを利用して、未来の子孫たちに代償を払わせるわけにはいきません。 地球にやさしい生活で未来を守る。だから、植物由来の樹脂でできているエコ箸が期待されています。 そのまま捨てれる、それでもリサイクル プラスチックを捨てるという事は、「石油資源を捨て廃棄物を増やす事」だからリサイクルをして、何度も使う。 でも、リサイクルは意外と大変です。きれいに洗ったり、分別したり。もちろんインフラだって整えなければなりません。 ところがこのエコ箸の素材であるポリ乳酸樹脂なら、ゴミ箱に捨てるだけでリサイクル完了。 なぜなら、ポリ乳酸樹脂は最終的には「二酸化炭素と水に分解」し、これがとうもろこしなどの植物に吸収されて、再びポリ乳酸樹脂になるからです。 自然界が本来そなえている、大きな意味のリサイクル。これもポリ乳酸樹脂が未来をつくる素材の証です。 バイオマスプラスチックと 普通のプラスチックの違い トウモロコシなどのでんぷんや、食品廃棄物等のバイオマスによって作られる「プラスチック製品」のことをバイオマスプラスチックと呼びます。 植物などを原料としており、微生物によって最終的に「二酸化炭素と水」に分解されること、「塩素を含んでない」事、燃やした場合「燃焼温度が紙と同じ程度」といった点が普通のプラスチックと異なっています。 バイオマスを使用するメリット ◆地球温暖化の防止 石油を原料とするプラスチックをバイオマスプラスチックに代替することにより、温室効果ガス(二酸化炭素)の排出を削減する事が出来ます。石油原料に代替する事は、枯渇性資源である化石燃料の省資源化にもつながります。 ◆循環型社会の形成 土壌還元される農業・土木資材として、また食品リサイクルを促進する食品容器として利用する事により、循環型社会の形成に役立ちます。 ◆地域産業の活性化 新たな環境対応型製品の製造・販売を通じた地域産業の活性化につながる事が期待されます。 ◆農業等の活性化 使用後土壌に還元される農業資材等として使用すれば、農作業体系の効率化・高度化につながる事が期待されます。 国では、平成14年12月に【バイオマス・ニッポン総合戦略】が策定され、国家プロジェクトとして、バイオマスの利活用を促進しています。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  定年退職 記念品
Ads by Sitemix