定年退職 記念品

定年退職 記念品を紹介

お気に入りに追加
おすすめカテゴリ
定年退職 記念品


このページの情報は
2009年2月4日8時41分
時点のものです。

<< 戻る

運をつかむ吉祥のマイ箸 桐箱入り

運をつかむ吉祥のマイ箸 桐箱入り
人気ランキング:
定価: オープン価格
販売元: イン ナチュラル 楽天市場店
発売日:
価格 商品名
9,000円
運をつかむ吉祥のマイ箸 桐箱入り
  マイ箸とは、使い捨てのライフスタイルを見直そうと始められた、自分専用の携帯用の箸のこと。 そのマイ箸に、良寛和尚の「かいうん」の文字が本金漆で書かれたのが、運をつかむ「吉祥のマイ箸」です。  そもそも箸は「食べる」という、生命にかかわる行為をささえる道具だけに、日本では古くから神聖なものとしてとらえられ、 縁起がいい物として誕生日、母の日の贈り物などにも重宝されています。  名書家として知られる良寛和尚の文字は、素朴で味わい深く、魔力のように、多くの人々を夢中にしてきました。 熱烈な良寛ファンの中でも筆頭に挙げられるのが、夏目漱石です。  良寛和尚は人生を理想的に歩いたともいわれる禅師。 その七十四年間の生涯はとても厳粛で、底抜けにほがらかで自由なものでした。 川端康成はノーベル文学賞の授賞式で「日本の神髄を伝えた人」と紹介しており、 まぎれもなく古き良き日本人の代表者といえる人物です。  ご注文の際は、黒檀か紫檀、どちらかお好みのものをお選びください。  コチラの商品は、受注生産になります。注文をお受けしてから、約2週間前後の発送となります。     写真 上:運をつかむ「吉祥のマイ箸」黒檀 長23.5cm 下:運をつかむ「吉祥のマイ箸」紫檀 長23.5cm 箸の素材は、非常に貴重な高級木材の黒檀と紫檀が使われている。 携帯箸袋付き。        写真 左:良寛和尚の「かいうん」の文字が本金漆で書かれている。 右:桐箱 良寛(りょうかん) 1758(宝暦8年)?1831(天保2年)江戸時代の曹洞宗の僧侶、歌人、漢詩人、書家。印可の偈(免許状)を受けながら、生涯一寺の住職にもならず、僧侶でありながら経を読まず説教もしなかった。「子供の純真な心こそが誠の仏の心」と解釈し、子供たちと遊ぶことを好み、隠れん坊や、手毬をついたりしてよく遊んだという。名書家として知られた良寛、高名な人物からの書の依頼は断る傾向があったが、子供達から凧に文字を書いて欲しいと頼まれた時には喜んで「天上大風」(てんじょうたいふう)の字を書いた(現在でもその凧は残っている)。 財産、名誉、権力など人間を惑わす全ての想念を取り払い、隠遁僧として自然を愛し、山中独居、乞食行脚(こつじきあんぎゃ)の生活を厳しく実践した。※モニターにより、色の見え方が実際の商品と異なることがございます。※注文が集中した場合など、発送が遅れたり、在庫切れで販売できなくなる可能性がございます。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  定年退職 記念品
Ads by Sitemix